前へ
次へ

健康食品と薬の違いを知って活用する

病気になったときに治療をするために服用するのが薬です。
病院などにかかって医師から処方されるときもあれば、ドラッグストアなどで自分で症状などを確認して購入するときもあります。
ドラッグストアであれば薬以外にも薬に似たような商品が販売されていて、そちらを利用してみようと考えるかもしれません。
パッケージを見ると病気の治療に使えると書かれているわけではありませんが、いろいろな症状に困っている人が摂取すると良いような表現がされています。
ドラッグストアなどに見られる薬に似た商品として健康食品があります。
一見薬のように見えるものの薬ではなく、他の食品と同じグループになります。
一方で他の食品に比べると特定の栄養成分を多めに含ませるなど味よりも栄養素などに重点を置いた食品と言えるでしょう。
健康食品に関しては病気の治療に使うことはできませんが、病気を予防するためには使えるでしょう。
またうまく使えば病気の症状を軽減する役割を担ってくれる時もあります。

Page Top